語学留学の落とし穴

最近では、英語を習うことを目的として、英語圏の国に留学するケースも多くなってきました。確かに、実際に英語圏の国へ行って、生の英語を浴びながら英語を学ぶというのはとても好ましいことだと思います。しかし、語学留学にはあまり知られていない大きな落とし穴があります。

084060

それは、「英語圏の国に行きさえすれば英語はおのずと話せるようになる」という誤解です。海外に住んだことのない日本人の間ではこのような誤った考えを持っている人も少なくありません。私自身も経験があるのですが、帰国子女の人に、「らくに外国語を身につけられてよかったね」などと言ったり思ったりしている人が多いことからもそれが裏付けられます。これは全くの誤解で、帰国子女はその外国語を習得するために相当の努力をしています。

学校の先生やクラスメートたちが言っていることが分からないとやっていけませんから、必死で聴き取ろうとしたり、読めるようになろうとしながらその外国語を習得していくのです。「帰国子女はらくに外国語が習得できて羨ましい」などと言うことはそうした帰国子女の努力を侮ることですから、やめたほうがいいでしょう。

このことからも分かるように、いくら語学留学で英語圏の国に行っても、そこで英語にどっぷり浸かる生活を送らなければ、英語力はあまり向上せず、時間とお金の無駄ということにもなりかねないのです。現地で外国人たちと積極的に英語でコミュニケーションをとること、英語を使うことが何よりも重要になるのです。

とりわけ日本人は日本人同士で群れたがる傾向が強く、しかも英語を話すことに恐怖心や恥ずかしさを感じている人も多いため、せっかく語学留学をしても現地で日本人同士で群れて日本語でコミュニケーションを行い、実際に英語を使う機会が少なくなるという落とし穴にはまりがちです。

語学留学をする際は、できるだけたくさん英語を使うようにすることが何より重要になると思います。

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です