英語上達のコツ「自己主張の練習をしよう」

 英語を学習している日本人が知っておいたほうがいいと思うことがあります。それは、「日ごろから日本語で誰かと会話するときも、きちんと自分の考え、意見を主張するように心がけてみる」ということです。それが英語と何の関係があるのか、と思うかもしれませんが、この姿勢は英会話においてはとても役に立つのです。

プリント

 日本は伝統的、文化的に集団主義の傾向が強く、他人や多数派の顔色を伺って、あまり自分の意見を主張しない日本人も多いように感じます。これは他人を気づかっている、というように考えてみれば長所なのかもしれません。しかしその反面、建前と本音が正反対、ということも多く、また多数派や他人に安易に流されやすい付和雷同的な傾向にあるという短所があります。

 一方英語圏の国(特に英米など欧米先進国)ではより個人主義的な色彩が強く、子どものころから自分の意見をしっかり主張するように教えられます。それが望ましいこととされているのです。

 “assertive[əsə’ːrtiv]”という英単語をご存じでしょうか。英和辞典でこの単語を引くと、「断定的な」、「独断的な」、「自己主張の強い」という意味だと出てきます。一方、別の英英辞典でこの単語を引くと、
”expressing opinions or desires strongly and with confidence, so that people take notice”(「他者に分かるように、意見や願望をしっかりと自信を持って表現すること」
とあります。学校でも「もっと”assertive”になりなさい」などと教えられます。このように、同じ”assertive”という英単語が、日本では否定的に解釈され、英語圏では肯定的に解釈されるのです。これは日本と英語圏の文化的相違、上述したように集団主義的傾向の日本と個人主義的な英語圏の違いからくるものと考えることができます。

 外国人と英会話をする際は、「相手からどう思われるか」などと不安にならずに、はっきりと自分の意見を主張する姿勢が大切ですし、奨励もされます。もちろん、相手の人格否定や人権侵害は行ってはなりませんが、そうでなければ堂々と自己主張したほうがよいのです。

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です