英語上達のコツ「完璧主義は英語学習にはマイナス」

 英語の学習をしようと思ったときに身につけておいたほうがよい心構えがあります。それは「英語学習においては完璧主義にならない」ということです。

234401

 もともと完璧主義の傾向がある人はもちろんなのですが、そうでない日本人も、こと英語など外国語のことになると途端に完璧主義に陥ってしまうことも少なくありません。例えば英会話の際に「この文法であっているだろうか」「こういう場面でこんなことを言っていいのだろうか」「笑われてしまったらどうしよう」などという考えが浮かんで、結局英会話ができなくなってしまう・・・。こういったことも少なくないようです。

 少なくとも外国語の学習において、完璧主義はマイナスに働きます。完璧主義に陥ってしまうと、いつまでたっても外国語は十分に習得できません。考えてみてほしいのですが、そもそも言語に「完璧」など存在するのでしょうか。私たちは、母語である日本語すら完璧に使っているとは言えません。日本語での会話でも、厳密にいえば文法的に誤った日本語を使っていることもよくあることですし、日本語で文章を書く際にも、文法的な誤りや誤字、脱字なども見逃してしまったりすることもあります。それでも、普段の生活には全く支障はないわけです。

 英語でも同じことが言えます。ネイティブの人が話したり、書いたりする英語の中にも、厳密にいえば文法的に誤っている英語というのは意外と多くみられます。しかし、そんなことを気にしている人は誰もいないわけです。彼らの英語は厳密には誤りもみられることもあるけれども、しっかり相手と意思疎通ができているからです。これは私たちが日本語を完璧に使えているわけではないのと同じことです。

 もしあなたがもう大人であるなら、英語を学校の「教科」と捉えるのはもう終わりにしてはどうでしょうか。学校の教科と捉えるから間違えてはいけない、と思ってしまうのだと思います。しかし実際には、少しくらい文法的に誤りがあっても英語は通じます。それは学校の「国語」で常に満点をとれなくても日本語が十分に通じるのと同じことなのです。

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です