英語上達のコツ:「学校の英語」や「受験英語」が役に立つ場面もある

多くの日本人にとって、英語に触れる場面といえば学校の英語の授業でしょう。また、高校入試や大学入試などでは教科としての英語がかなり重視されていることもあり、受験対策のための英語、いわゆる「受験英語」に取り組んだ人も、今まさに取り組んでいる人も多いと思います。特に英語に関心がない場合は、日本人はこれだけしか英語に触れる機会がないと思います。

プリント

最近では、「英語教育がこれほど重視されていながら英語を話せる日本人がほとんどいない」と嘆く意見がよく聞かれますし、大学入試では、これまでの読み書き偏重から、聴く、話す能力まで含めた英語力を測定すべきだという意見も多くあります。また、「これまでの英語教育は社会では何の役にも立たない」という批判も多いように思います。

しかし私は、現在の英語教育は当然ながら問題点も多いけれども、「何の役にも立たない」というように全否定する必要もないのではないかと思っています。私自身、日本の英語教育で身につけた知識が今も役になっていると実感する場面があります。それは、英語の洋書を読んでいるときです。それも学術書やノンフィクションの洋書ほどそう感じます。

こうした本は、スラングや会話文などがほとんどなく、文法的にも語法的にも正確な英文で書かれているので、高校の英語の授業で獲得した長文読解や英文法の知識がとても役に立っています。学校の授業で取り扱う長文を大量に積み重ねたものがこうした洋書であるわけで、その意味では、英語を読む能力においては学校の英語や受験英語は非常に役に立つのです。

さらに言えば、こうした能力は英会話の時にも役に立つことがあります。例えば、文法的にいえば「否定疑問文」(”Don’t you ~ ?”など)の形は実際の会話でも頻繁に登場します。ここで否定疑問文の時は”yes”と応答すると日本語の「いいえ」となり、逆に”no”と応答すると日本語の「はい」になる、つまり通常とは逆になることを知っていないと、頓珍漢な答えになってしまいます。これは学校の英文法の授業が英会話に使える好例といえます。

しかし、やはりそれだけでは足りないのです。この「足りない」ということこそ、日本の英語教育がはらむ最大の問題点なのではないでしょうか。特に英語を話す能力については、いくら学校の英語の授業を聞いていてもそれだけでは身につきません。実際に生の英語を聞いて、話さない限りは身につかないのです。学校の英語の授業だけでは圧倒的に英語に触れた量が少ないです。これだけで英語をすらすら話せるようになろうというほうが無理な話で、話せるようになろうと思ったら授業以外でも、また大人になってからも英語に触れ続ける必要があるのです。

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です