音楽が好きな人は英会話ができる可能性あり

 前回では繊細で感受性が豊かな人は英会話に向いている、というお話をしましたが、特に音楽が好きな人は英会話力が大きく伸びる可能性を秘めているといえます(もちろん、ここで言う「音楽好き」とは、単に「みんなが聞いているから」などという理由で聞いているような人ではなく、本心から音楽が好きな人のことです)。

プリント

聴覚が鋭い人は英語の発音を聞き分けられる

 音楽が好きな人は「耳が良い」ということが言えます。音の変化を楽しめる才能があるということでもあり、これが英会話にも生かせるのです。まず、相手の話す英語を聴き取る力が音楽を聴く力とよく似ています。英語の発音には日本語にはない音が非常に多くあります。”L”と”R”の違いなどがその最たる例でしょう。例えば”light”と”right”という英単語は、日本語で書くとどちらも「ライト」となるわけですが、実際の発音は相当異なります。音楽が好きな人は音に対する感覚が鋭敏なので、こうした差異を認識しやすいといえます。

 また、英語を話す際にもこの才能が生きてきます。私たちが母語である日本語をどうやって習得していったかといえば、親など周囲の人々が話す日本語を聞いてそれを真似していったということに他なりません。英語の習得でも、基本的にはそれと同じです。ネイティブ・スピーカーが話す英語を聞いて、それを真似ていくことが要求されるわけですが、音楽が好きな人はネイティブの発音を細かな部分まで聴き取りやすいですから、それを真似しやすいといえるのです。

 個人的には、私は子どものころピアノを習っていて、それが英会話にもとても役に立っているなと実感しています。ピアノでもバイオリンでも何でもいいのですが、何らかの楽器を習ったことがある人はよく分かると思いますが、楽譜には「強く弾くところ」、「弱く弾くところ」、「だんだん強く」、「だんだん弱く」など、かなり音に対して細かく指示をしてくるものが多く、これも音に対する感覚を養ってくれる一つの要因ではないかと思います。英会話というのは紛れもなく英語の音のやり取りなのであって、そういう意味では音楽と変わらないのです。

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です