英語で楽しんだ経験がありますか?

英語の勉強は苦痛?つまらない?

多くの日本人は「英語」と言われれば学校の教科としての英語を思い出し、場合によってはその時の「苦痛」、「つまらなさ」を思い浮かべるのだろうと思います。特に学校の英語が苦手だった人は拒絶反応すら示すかもしれません。

234131

しかし、本当の英語というのは学校の教科ではなく、現にこの世の中で広く利用されている「言語」です。学校の「国語」ができなかったからといって、ならば日本語を使っていないかと言われれば、そんなことはないでしょう。それと同じで、たとえ学校の英語ができなかったとしても、実際の英語もできないとは限らないのです。

英語が理解できた時の「喜び」を経験しよう

英語の学習を、時々やってくるスランプも乗り越えながら継続できている人というのは、ほぼ例外なく英語で楽しんだ経験を持っている人だと思います。他人から見ればささいなことであっても、自分にとって大きな意味があれば、別に何だって構わないのです。
例えば、好きな洋楽の歌詞を調べて、その歌が言っていることの意味が分かったとき。音楽好きであれば、これは間違いなく楽しい経験です。あるいは、外国人と話してみたら自分の英語が通じたとき。この時の大きな喜びは、おそらく経験した人にしか分からないでしょう。経験していない人にとっては、「そんなこと?」と思うかもしれませんが、実際にこの喜びを経験してしまえば、きっと英語の学習をやめられなくなります。それくらい大きな喜びです。

英語にまつわる私の過去の思い出

私自身が最初に出会った英語がくれた楽しみは、小学生のときに引っ越したアメリカの現地の学校で、アメリカ人と仲良くなれたことです。当時の私は、引っ越す直前に日本で少し英語を学びましたが、英検で言えば4級くらいの英語力だったのではないかと思います。当時は現在のように小学校で英語を学ぶこともありませんでしたし、ほとんど全くと言っていいほど英語とは縁のない生活をしていた私が、親の都合で突然アメリカに住むことが決まったのです。この全くの英語初心者が1年足らずの日本での学習で何とか英検4級レベルくらいまで持っていったわけですが、それでも当然ながら、他のアメリカ人のクラスメートたちの英語力との差は圧倒的なものでした。しかも周囲に日本人は私だけで、日本語が分かる人は先生も含め1人もいません。このような状況で、頼れるのは自分だけです。はじめのうちは相当緊張を強いられました。

しかし、そんな乏しい英語力だった私でもクラスメートのアメリカ人と英語が通じて会話ができ、仲良くなれたのです。このときに経験した喜びは今でも忘れられないですし、現在も引き続き英語を学んでいる一つの大きな原動力となっています。母語である日本語は物心ついたころにはすでに喋っていて、特に苦労したことはないので、日本語が相手に通じても特に感動はしません。しかし、英語は私自身が物心ついた後に意識して学習した言語です。なので、その英語がネイティブに通じたということは、まさに自身の学習の成果が表れた瞬間なのであり、だからこそ達成感や喜びも一段と大きくなるのだと思います。

「苦手」だけで諦めてしまうのはもったいない話

学校の教科としての「国語」と普段私たちが使う日本語が同一ではないのと同じように、学校の教科としての「英語」と普段世界で使われている英語は同一ではありません。学校の「英語」が苦手だったからといって、あっさりと英語全体を諦めてしまうのはもったいないような気もします。もうやる気もないというならそれは仕方ありませんし、無理にやれとはもちろん言いませんが、そうでなければいつでも学習は再開できます。英語の世界は日本語の世界とは比べ物にならないくらい大きいです。英語を学習している人だけが経験できる楽しみを見つけてほしいと思います。

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です