英語上達のコツ:英語を身につけたかったら厚かましくなろう

 日本人の多くは、母語である日本語を使うときには日本語の誤りをほとんどめったに意識しないにもかかわらず、英語など外国語になるととたんに完璧主義に陥り、一言一句正確でなければならないなどと誤解しています。しかし、このような窮屈な考え方では、一生待ったとしても英語を話せるようにはならないでしょう。ネイティブ・スピーカーですら完璧に英語を使っているわけではないのに、どうして日本人が完璧な英語など使えるというのでしょうか。

column-20150812

聞き返すことはとても重要

 日本人が英語を身につけようと思ったら、とにかく図々しく、厚かましくなることから始めなければなりません。少しくらい誤りのある英語でも十分に通じますから、とにかく英語を口に出して話してみることが大切です。もしあなたが義務教育を終えているなら、少なくとも中学英語は学んできたはずです。意外に思うかもしれませんが、実は簡単な日常会話であれば中学英語だけでもかなりこなすことができます。そして、もし相手が言っている英語が聴き取れなかったら、もう一度言ってもらったり、ゆっくり話してもらうように頼んで、こちらが聴き取れるように頼むことも重要です。あらかじめ自分は英語のネイティブ・スピーカーではないことを相手に伝えておくのも良いかもしれません。そうすれば相手も、仮にこちらが聞き返したとしても事情が分かっているので、あまり気分を害することはないと思います。

しっかりと聞いてくれる人を見つけることも重要

 この時の相手の対応によって、その相手の人間としてのレベルが分かるという側面もあります。つまり、もしこちらの英語力の乏しさをからかったり、怒ったりするような相手であれば、所詮その程度の人間なのだということです。人間として優れている相手であれば、そのような態度は決してしません。こちらが理解していないと分かればゆっくり話したり、もう一度同じことを言うなどの配慮もしてくれるはずです。そしてそのような相手に出会ったら、その人には心から感謝しなければなりません。

完璧にこなせなくても大丈夫!

 英語は日本語とは異なり、世界の多くの国・地域で使用されている言語です。そして、同じ英語でも発音は国・地域によって大きく異なります。アメリカ英語とイギリス英語では全然違うし、オーストラリアの英語もインドの英語もまた全然違う。しかもそれに加えて、世界中のノン・ネイティブが英語を学んでいる。なので、英語のネイティブ・スピーカーは、自分とは異なる発音で英語を話す人と出会う機会が多く、そうした発音の違いに慣れている人も多いと思います(地域によって頻度はかなり異なると思いますが)。なので、日本人もとにかく英会話をしてみるという姿勢が重要であると思います。自信はないけど英語で話してみたら案外通じる、という経験もできるかもしれませんし、そんな経験ができたらきっと大きな自信にもつながると思います。

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です