どこの国の英語をお手本とするかを考えよう

言うまでもなく、英語は世界の多くの国・地域で用いられています。そのため、同じ英語でも国によって発音や綴りがかなり異なっており、例えばアメリカ、イギリス、オーストラリアのニュースを聴き比べてみると、その発音の違いに驚かされます。そのため、私たちノン・ネイティブが英語を学ぶ際には混乱しないように注意する必要があると思います。そこで私がすすめるのは、英語圏の国の中で自分がお手本とする英語、ベースとする英語を一つ選ぶことです。こうすることによって、自分の中で身につけたい英語の軸ができ、様々な種類の英語が登場しても、あまり動じることなく学習を進めていけるからです。
207460
厳密な意味での「英語圏」に該当する国はイギリス、アメリカ、カナダ、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドの6か国です。なので、このうちのいずれかの国で用いられている英語をお手本とするのがよいのではないでしょうか。もちろん優劣はありませんので、自分が合うと思う英語を選ぶのが最善だと思います。

これらの国で子ども時代を過ごしたいわゆる帰国子女の場合は、言うまでもなく自分が住んだ国の英語をベースとするのが最善だと思います。私は子どものころの一時期アメリカに住んでいたので、アメリカ英語がベースになっています。イギリスに住んでいた人であればイギリス英語がベースとなるでしょう。複数の国で生活した経験のある人は自分に合うほうを選べばよいと思います。また、いわゆる帰国子女ではない人は、日本の英語教育は基本的にアメリカ英語をベースとしているのでアメリカ英語になることが多いと思いますが、例えば将来イギリスに留学したいなどの目標があるのであればイギリス英語に切り替えれば良いと思います。そしてBBCなど、イギリス英語にたくさん触れるようにするとよいでしょう。

特に発音の面で顕著だと感じるのですが、英語圏の国の間でも用いられる英語はかなり異なります。例えば”stop”という単語は、イギリスでは日本語のカタカナ通り「ストップ」と発音されるのですが、アメリカでは「スタップ」に近い発音となります。また、オーストラリアの英語は米英とはまた異なっており、例えば”eight”という単語は米英では「エイトゥ」と発音されますが、オーストラリアでは「アイトゥ」のように発音されます。

このように英語圏の国の間でも発音が異なるということは、私たちノン・ネイティブにとっては朗報ともいえます。なぜなら、「そこまで発音に過度に神経質にならなくてもよい」ということだからです。よほどのズレがあるというのであれば別ですが、そうでない限りは英語は通じるということなのです。アメリカ人とイギリス人が、互いに母国の英語で話して意思疎通ができないということはまずありません。ですから、たとえ自分の英語に自信がなくても、とりあえず英会話をやってみることが重要です。英語は、世界の共通語と言われるだけあって、比較的発音の違いに寛容であり、柔軟性のある言語なので、過度に心配する必

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です